前へ
次へ

通販の販売形態と定義

販売形態がインターネットや電話、郵便などを利用して受注することが通販の定義です。従来から見かけるラジオショッピングやテレビショッピングなどがあります。最近ではマスメディアを利用して、24時間通販番組を放送するテレビ局もあり大きな売り上げをもたらしています。通販のメリットとしては何よりもその店に出向くことなく購入可能なことや、一般的な実店舗販売と比較して品揃えが豊富なことです。また決済方法の選択肢が多いことも魅力的です。通販の利用率が高くなっている理由は、パソコンやスマートフォンが普及したことと高性能化にあるといえます。ラジオやテレビ、折り込みチラシなどによる通販がかつては主流でした。業界規模は年々拡大していてそれに伴い流行も変化しています。これからの通販ビジネスの主流となるステージはインターネット販売といえます。さらにスマートフォンとタブレット端末を経由しての通販が勢力を伸ばしてゆくことでしょう。通販業界は常に変化しているのでECサイトが、スマートフォン用に最適化されていないものでは追いついていくことが難しいでしょう。

Page Top